生産ビジネス科

感動は心の扉を開く

「黎明ブランド」の創出~命あるものから「生きる力」を学ぶ~
~土を耕すことは、心を耕すこと~

「学ぶ」ということは、教室で学習した事を実際に体全体で体験し、覚えて自分のものにするということです。学ぶことの楽しさや、新しい自分を発見するために、一緒に汗を流してみませんか!!

特色

ものづくりや自然・環境に興味のある生徒の希望に合わせ、伝統の農業分野である園芸を中心に学びます。商業分野では簿記や情報処理を学び、幅広い進路希望に対応していきます。教室での学習だけでは経験できない「生きものを育てること」「機械を動かすこと」「ものづくりを体験すること」など多くの感動体験により、新しい自分の「可能性の芽」を育むことができます。

カリキュラム

◎生産ビジネス科のココをCHECK!

1.生産ビジネス科の挑戦

日本の農業は、外国産の価格の安い農産物に負けない付加価値の付いた農産物を生産しなければ生き残れません。そのため生産ビジネス科では、消費者の身体に優しい、農薬や化学肥料を使わず野菜を栽培する有機栽培や自然栽培の研究に本格的にも取り組んでいます。八街名産の落花生や千葉県特産のサツマイモの有機栽培などに成功し、学園祭や本校で行われる野菜即売会などで販売し好評を得ています。また、千葉黎明の名の付いた農産物の加工品の開発も行われ、多くの黎明ブランドの商品が続々生まれると思われます。現在も野菜や稲の栽培などで様々な研究を毎日真剣に行っている生徒達がいます。三年連続で有機栽培を研究する生徒が毎日新聞農業記録賞千葉県支局賞を受賞するなど、現在の生産ビジネス科はとてもアカデミックな存在です。農場では有機栽培の他、立体植物工場によるグリーンカーテンの研究や耕作放棄地を使ってのバイオディーゼル燃料の精製を目指すなど、教室で行われる座学だけでは学びきれない知識を、実験室や農場で体を動かし汗を流すことによってさらに深く学ぶ場が生産ビジネス科です。

2.千葉市、ジェフユナイテッド市原・千葉との交流

千葉市とジェフユナイテッド市原・千葉との共同作業として、蘇我駅前の立体花壇「トピアリー」の管理とジェフのクラブハウス花壇の管理を行っています。作業にはジェフの選手も一緒に参加してくれます。また、2016年度には「みどりの愛護」功労者受賞団体として国土交通大臣表彰を受けました。

3.生産ビジネス科のキャリア教育

近年、体験型の教育活動は真のキャリア教育の姿として注目を浴びることが多くなりました。心をこめて作ったものを販売することで良いものを作ろうという意識が芽生え、作ったものに責任を感じるようになります。そして、どうやったら消費者に喜んでもらえるか、また同時に流通経済や経営についても考えるようになります。つまり農業を通じてものづくりと経済というシステムと人との関わりや心を学ぶのです。近い将来、だれにも負けない技能と技術を持つ心優しきナチュラリストやテクノロジスト、研究者、起業家が黎明から誕生するに違いありません。

4.毎日農業記録賞「高校生部門 優良賞」を受賞

東京農業大学に進学した田邉菖一さん(佐倉中出身)は、入学時から50aの圃場を使い、稲の不耕起栽培や落花生・里芋・さつまいも・ネギなどの有機栽培に取り組み、その体験を記したものが「第45回 毎日農業記録賞 高校生部門 優良賞」を受賞しました。田邉さんの素晴らしさは、播種から収穫迄の栽培管理だけではなく、肥料作りから加工・販売と全て自身で計画して実行し、成功させたことです。生産ビジネス科は生徒のやる気を全力で応援します。

5.資格取得にチャレンジ

将来を見据えて、様々な社会変化にも対応できるように、様々な資格取得を目指します。毎年多くの生徒が、資格を取得して進路活動に役立てています。

取得可能な主な資格

  • 危険物取扱者資格(乙種4類)
  • フォークリフト運転の業務
  • 小型車両系建設機械
  • 有機溶剤作業主任者
  • アーク溶接資格
  • 高所作業車取扱業務
  • ビジネス文書実務検定
  • 簿記検定
  • 情報処理検定
  • 料理検定 など

6.「黎明ブランド」の創出

「黎明ブランド」の創出自分たちで生産したものを利用して、黎明高校独自のブランド作りに取り組んでいます。2019年度は有機栽培の落花生とそばに挑戦しました。落花生は炒り落花生に、そばは校内で飼育した千葉県のブランド鶏「房総地鶏」と組み合わせ、「房総地鶏の南蛮そば」に加工しました。

本校生徒が森田健作知事とともに千葉テレビに出演これからも八街市や千葉黎明高校の魅力を、全国に伝えられるようなブランド作りを目指していきます。

Love the environment and craftsmanship.
  • 高野 李恩さん
    高野 李恩さん
    成東東中出身/卓球部
    将来コンピューター関係の仕事に就きたいので、情報処理検定などの資格取得にチャレンジしてみたいです。そのためにRLM特別講座なども受講し、しっかりと学んでいきたいと思います。
  • 東堤 彩さん
    東堤 彩さん
    勝田台中出身/ソフトボール部
    生産ビジネス科を選んだ理由は、高校のうちから様々な資格が取得でき、将来の選択肢が増えると思ったからです。部活動の面でも設備が整っていて、部活動を通じて自分を磨けると思い、黎明高校に入学しました。
  • 太田 昌希さん
    太田 昌希さん
    八日市場一中出身/陸上競技部
    中学時代の部活動でケガをしてしまい、最後の大会で思うような結果を出せませんでした。この悔いを晴らし、黎明高校を勧めてくれた先生方や今まで支えてくれた周囲の人たちの期待に応えるためにレベルの高い環境で努力し、結果を残したいです。
  • 石井 愛美さん
    石井 愛美さん
    八街北中出身/剣道部
    本校の生産ビジネス科を志望した理由は、様々な資格を取って将来の夢を幅広く考えられるようになりたいと思ったからです。優しい先生方や楽しいクラスメイトと共に、何事にも協力し合って充実した日々を過ごしていきたいです。
  • 大野 愛弥さん
    大野 愛弥さん
    四街道西中出身/簿記部
    小さな頃から家で野菜やお花を育てていて、農業が好きになりました。もっと農業について勉強し、幅広い知識を持って農業関係の仕事に携わりたいと思い、黎明高校を志望しました。これから先、大変なことがあっても、諦めずに頑張っていきたいです。
  • 堀 すばるさん
    堀 すばるさん
    成田西中出身/柔道部
    部活動に力を入れている黎明高校に魅力を感じて入学を決めました。今は、試合で勝つために日々のトレーニングを頑張っています。生産ビジネス科では農業と商業の勉強ができるので、そこで得た知識を、農業をしている祖父のために生かしたいです。
  • 江波 美夢さん
    江波 美夢さん
    八街中出身/工学部
    お花や野菜を育てて販売することや、育てた野菜を自分たちで調理する授業は他の学校にはなく、黎明高校の魅力だと思います。学んだことを生かして、介護福祉士になるという夢を実現するために頑張っています。
  • 大場 爽生さん
    大場 爽生さん
    横芝中出身/ソフトテニス部
    高校のうちから様々な資格が取得できると知り、黎明高校を志望しました。今はより多くの資格をとるために勉強しながら、ソフトテニス部との両立を目指しています。将来は家業を継ぎ、より大きくするために日々努力していきます。