理事長・校長コラム

第一回学校見学会 挨拶(7/25日)

お早うございます。

学校設置者である理事長と、学事の責任者を兼務いたします西村です。

黎明高校は2017年には創立95周年となり伝統校として大きく躍進を遂げます。2020年には東京オリンピックが開催され、また大学入試制度も大きく変わる年であり、本校は着々と準備を重ねております。例えば電子黒板での授業や、カリキュラムの対応などがあります。また部活動は「入る」「作る」「楽しむ」というキーワードで頑張る生徒を応援します。

公立高校は、平等で社会的に統一、あるいは中学校と同じように学区があります。私立高校は、自由で多様性があり学区はありません。黎明高校は世界で一つしかない地域密着、地域に貢献する高等学校です。つまりオンリーワン。

学校選びは、皆さんが体験する初めての経験だと思います。黎明高校の生徒たちには、「探す」「決める」「がんばる」とういことを三年かけて大学などの上級学校への進路選択の道しるべとしています。皆さんも夏休みから秋、冬にかけて「探して、決めて、がんばってください」 。

進路進学はご自身やお子様にとって、どこが一番成長させてくれるか?可能性を伸ばせるかの選択であり、挑戦です

今日はどうぞ設備や授業つまり先生方の姿、そしてお迎えしている生徒や部活動中の生徒をご覧になって、黎明を存分にお感じください